時折悲しくなる―忘れることで楽になっていく自分も―過ぎた後でしか気付けない間抜けさも―。俺もあの頃に戻りたい―。思い出の中を生きるのは辛いから―過ぎる悲しさを知ってしまっても素晴らしい明日を願ってしまう―。彼女に会うことで失くした思いをまた見つけた気がする―。「昔みたいには戻れないけど、もう一度一緒に始めてくれないか?」

タイトル:今宵の月のように
作者:ゲンツキ

おすすめのエロ漫画