隣の空き家でおばさんと二人きり。クーラーも取りはらってしまい蒸し暑さは限界に。おばさんは服を脱ぎ始めてこの暑さをやり過ごそうとする。そんなおばさんを見て青年はおっぱいを後ろから揉み始める。号令はだれもかけてくれない―行動しなければ何も起きない―。おばさんの誘いに乗って二人は汗だくで体を交わらせる。「またしてくれる?もっと深い思いでを作りたいから。」

タイトル:汗まみれの背徳情事~隣の人妻に喰われる純朴青年
作者:鶴永いくお

おすすめのエロ漫画