僕の亀頭は意志を持ち喋りかけてくる…けれど、こいつの一番厄介な点、それはこいつが超能力者であることだった。「亀頭!早まるな!よせっ!」「大丈夫俺に任せておけっ!さぁ御開帳だ!」そう言うと亀頭は入浴中の義母のお風呂のドアを開ける。そこにはおっぱい丸見え状態の義母が。驚く義母―。「まずい、このままじゃ…亀頭!美代さんの記憶を消して!」「あれ、私何してたのかしら…あ、そっかお風呂入っている途中だったわ…寝ぼけてるのかしら…」

タイトル:エスパーキトー ~超能力でハーレム計画!
作者:悶々堂

おすすめのエロ漫画