文芸部の部室で今日も二人きりの淳と佳保。新入部員がなかなか来なくて困っているという淳に対し佳保は「私このままでもいいかなって思うの…淳君と二人っきりでいられるから…」それを聞くなり淳はいきなり胸を揉みしだく。本を読み終わってからという佳保を無視して本能のままに揉みしだき乳首を露出させる。「待って!」佳保もちんぽをフェラしだして完全にヤる気モード突入。パイズリで射精させてもまだちんぽはビンビン。最後はおまんこで…「大好きなの…淳くんのおちんちん//」

タイトル:柔肉少女ラブポルノ
作者:アスヒロ

おすすめのエロ漫画