両親が仕事の都合で海外移住。その間に叔母と一緒に暮らすことになった少年。その叔母はいわゆるバツイチ性欲モンスターで少年を毎日性の玩具にしていた。アナルやマンコを顔に擦り付けられて勃起したお仕置きと称してクンニさせる。少年はふと思った。「玩具にされるくらいなら妊娠させてやる!」その日のセックスでいきなりゴムを外して生挿入!「やめなさい!できちゃうわ!抜いて!」ピストンは止まらない。精子を何度も叔母に注入する少年。全てが終わった後、不敵な笑みを浮かべて叔母は言う。「ねぇ、蒼ちゃん知ってる?コレを飲んでると、子供は出来ないの」

タイトル:いわゆる玩具
作者:御手洗佑樹

おすすめのエロ漫画