仕事が決まって初の一人暮らしをする主人公の男。早速お隣さんに挨拶される。見た感じ母親とその子供のようだった。初回の挨拶なのにも関わらず妙に距離感が近い…。男はその母親を思い出しながらチンポをシコシコしていると、なんと目の前にその母親が現れる。「今日会ったばかりなのに私をオカズにオナニーですか?よろしければ私がお相手しましょうか?」これは夢か現実か―。


タイトル:淫魔巣窟 僕の隣人は淫魔親子
作者:カマボコ工房

おすすめのエロ漫画