ここは森田書店。近所に昔からある小さな本屋。男の子は毎月この本屋に通っている。理由は〇学生以下はレジの横に置いてある飴が貰えるから。ある時、書店のお姉さんから閉店することを告げられる。その書店のお姉さんは特別に秘密を教えてくれた。一つ目の秘密はかけている眼鏡は伊達メガネであること。もう一つの理由はノーブラで仕事をしていたという事。「触ってみる?」


タイトル:ぼくと書店のおねえさん
作者:紺色ドロップス

おすすめのエロ漫画