普段は地中に潜っている寄生樹。その寄生樹が一年に一度、催眠効果のある匂いを発する。その匂いを嗅いだ女たちは催眠状態に陥り、自ら寄生樹の苗床になりにいく―。四人の女たちの足元から生えてくる寄生樹の触手。この寄生樹は女の愛液で成長するという。女たちの体に触手が這っていき、未貫通の処女マンコの内側に入り込み容赦なく種を植え付ける。腹のあたりに寄生樹の種痕を確認して作業は完了する。そしてここに寄生樹の匂いに反応しなかった女たちが大勢いるのわけだが―。

タイトル:異種奇譚
作者:タケ

おすすめのエロ漫画